前へ
次へ

パーソナルトレーニングになる資格の種類

パーソナルトレーニングは専門の指導者がマンツーマンで対応してくれるので、長く続ける人が多く健康的な身体づくりのために人気の方法の1つとなっています。では実際にパーソナルトレーニングには専属のトレーナーがいますが、トレーナーになるためにはいくつかの資格取得が必要となります。まず種類として健康運動指導士の資格が必要です。この資格は取得後は5年ごとに登録の更新が必要になります。同じく5年ごとに登録更新が必要な資格としては、健康運動実施指導者と呼ばれる資格も同じになります。その他にはPFT公認がありますが、この資格は資格自体に有効期限があります。期限は4年間で、期間が過ぎたあとは更新するために必要な講義の受講が必要となります。その他にはNSCA-CPTなどもあります。この資格も期限があり、決められた期間内に更新と講座受講が必要となります。他にはCSCSといった資格などもあり、これらを取得することでパーソナルトレーニングとトレーナーとして働くことが可能です。

Page Top